paizo社が発売しているスペースファンタジーロールプレイングゲーム、StarfinderRPGのシステムリファレンスドキュメントを日本語翻訳していくページです。有志の翻訳者募集しています!

設定/SETTING

スターファインダーにおいて、新しい世界を発見し、未知の文化に直面し、既知の国境を拡大するという、探求こそがゲームの核心だ。しかし、真に探検するには、まず君たちがどこから来たのかを知る必要がある。スターファインダーのルール一式には、サイエンス・ファンタジーの世界の多くを探索するために使用できるが、次の章では、ゲームの想定設定に関する入門書を提供している。しかし、銀河の1000億人以上の星があれば、新しいフロンティアがなくなる事はない。


スターファインダーでは、プレイヤー・キャラクターは、多元的な世界全体において、経済的および宗教的に重要な、密集した居住型の太陽系であるパクト・ワールドの中で彼らの冒険を始めると仮定されている。全くパクト・ワールドに接触しないスターファインダーキャンペーンをプレイすることも可能で、設定を完全に無視して、おそらく遠く離れた銀河で自分の設定を支援するためにルールを使用することも可能だ。しかし、本来の想定ではほぼすべてのPCはパクト・ワールドの出身である。この章では惑星や宗教から派閥や脅威に至るまで、環境についての入門書を提供する。しかし、居住惑星でいっぱいの銀河において、なぜパクト・ワールドに焦点を当てるのだろうか? この特定の太陽系の重要性を理解するためには、最初にスターファインダーの歴史を理解していなければならない。

歴史/HISTORY

スターファインダーでは歴史が破壊されている。宇宙に浮かぶ無数の定命の世界から神々の奇妙な領域まで、君がどこに行っても、同じことが分かるだろう。歴史的記録は数世紀にさかのぼり、突然空白になるか矛盾して、古代の過去の暗い霧に包まれた長い年代を調べる時にのみ、再び信頼できるようになる。さらに、歴史の中で引き裂かれたこの穴は、ぼやけた写真や崩れた年鑑に限られてはいない。近代史は、暴動とパニックに襲われた多元世界の世界の説明から始まる。この移行を通じて生きる人々は、彼らの記憶が突然空白であるか信頼できないと感じた。これらの人々は、すべての知識、技能、および対人関係を生涯維持しながら、特定の記憶を思い出すことが困難または不可能になったのだ - 一人の女性は本能的に100万人の配偶者の詳細を知っているかもしれないが、彼らは長く結婚していた。国家はなぜ彼らが戦争していたのかを忘れてしまった。天使たちは罪人の無分別を見失った。動いているものは動いていたが、文脈や理由はなかった。
いくつかの文化は火災と飢饉で崩壊したが、他の選択肢に直面していない大部分の社会は、単に歯を食いしばり続け、過去の信頼できない細断からその伝統をまとめようとするか、そうでなければ、彼らの記憶喪失を再興の機会として使い、彼らが以前にあったかもしれないしがらみから解き放たれた。最近の歴史がない世界に生まれた子供たちは、自然の新しい歴史的記録や思い出が新鮮なものとして受け入れられた。それは重要なことだった。徐々に、秩序が再構築されていった。
今日、3世紀まえの不明瞭な期間は現在ギャップとして認識されており、ほとんどの社会はこの歴史的な大災害にあまり関心を払って見ておらず、暗号科学者、発掘者、科学者だけが保存し、失われた時代からの驚異的な人工物を発見し、リバースエンジニアリングしようとするだけである。他のすべての人は、新しい歴史を創り上げることに焦点を当てているのだ。
誰も彼も神の言葉でさえも、その事柄に関して断言できないほど静かな(または無知な)状態になっているので、ギャップを引き起こされたことを確信をもって語る者はいない。それにもかかわらず、ギャップはドリフト技術の発見と使用によって引き起こされた量子波浪効果であるという最も一般的な理論は豊富に存在している。他の人たちは、ギャップは、どんな魔法によってか、ゴラリオン(458ページのサイドバーを参照)を吹き飛ばしたことによって引き起こされたと主張している。
しかし、ギャップが普遍的であり、炭素年代測定と宇宙科学の組み合わせは時が数千年続いている示唆しているが、その境界は事象的に一貫していないということが知られている。 1つの星系が現在から300年後の正確な記録を持っているかもしれない場合、銀河の異なる部分の世界は310年か、275年だけの歴史しか持たないかもしれない。幾人かの学者はギャップの中に貴重な"キャッシュ"の存在を明らかにした。これは特定の期間または事柄について、事象が突然一貫して見える場所の事である。
スターファインダーのような組織では、これらの散在した手がかりを見つけて、古くからのギャップ以前の記録と同期させることが、宇宙の最大の謎を解明する鍵を握っているのかもしれない。

星間航行/INTERSTELLAR TRAVEL

ギャップが終焉し歴史が再開されたとき、多くの世界はすでに宇宙飛行と惑星間貿易を確立していた。 ヴァーサイトの遠征船、イオクスのボーンクルーザー、ブレセダンの真空水泳生物容器やその他多くのすべてが虚空に飛び出した。そして魔法の門と次元を跳躍する呪文で他の世界を訪問し、星系全体の隣人と交流する機会を与えた。 しかし、宇宙飛行は比較的一般的であったが、単一の太陽系の間を超える不可能に近い星間の巨大な距離の旅は、依然として次元渡りの術者か、長命な命知らずの種族のものだった。
トライウーネの現界はそれをすべて変えた。この太陽系には機械に捧げられた神々がいつも存在したが、古代に戻っったとしても、彼らは常に比較的マイナーな存在だった。しかし、ゴラリオン星系のギャップの終焉からちょうど3年後、新しい神格が明らかになった.アバロンの機械で造られた神であるエポーチ;アンドロイドの神カサンドレー;そして時計仕掛けの女神ブリグを統合した神格のネットワークである。 トライウーネと呼ばれるこの新しい集団意識は、今まで知られていなかったドリフトという未知の超空間次元へのアクセスを人間に提供し、遠方の星に簡単に移動できるようにすることが顕著になった。比較的低価格で、船は星系間で素早く稼働するドリフトエンジンを得ることができたのである。 (詳細は290ページを参照)
この啓示の結果、土地が急増した。新しい植民地での冒険と解放された機会が生まれた。法人は資源と規制の自由を追求した。政府は領土を拡大しようとした。しかし、この脱出は最初のハードルを打ち負かした。
しかし、それがあまりに急速であったため、この脱出劇は最初のハードルにぶつかることになり、多くの「新しい」世界には既に居住者や、生命に影響を及ぼす奇妙な伝染病が存在し、星の間の暗闇の中で広大で不可解な潜在的文明が潜んでいた。
新しい種族は、パクト・ワールドにあふれ、平和と戦争をもたらし、相互に保護され、共通の価値観を共有するように世界に強要した。
今日、宇宙探査はパクト・ワールドの市民にとって長引いているが、まだロマンチックな追求であり、危険に満ちている。


ゴラリオンの消失/LOST GOLARION

今日、パクト・ワールドと呼ばれる太陽系は、何千年もの間存在し続けており、ギャップの以前も数千年におよび過去に続いている。星系内のすべての惑星は、それ自体の重要性について議論する根拠があるが、ほとんどの外部の観測者は、星系で最も重要な惑星は、ゴラリオンと呼ばれる太陽から3番目の惑星であることに同意する。
ヒューマン、ドワーフ、ハーフリング、その他多数の種族の発祥の地であるゴラリオンは、巨大な文明を持たず、しかし、その神学的意義が最も顕著な惑星であった。加えて、ロヴァググという破壊を司る暗黒の神を祀ることがその核心にあり、またゴラリオンにはスターストーンと呼ばれる魔術的な物質が存在し、人を神のように昇華させることができた。しかしギャップのとある時点で、その世界は消えた。高司祭と神の奉仕者は答えのために神に嘆願し、すべて同じ情報を受け取った:ゴラリオンは依然として存在する。それが消滅した時にその上に存在していた人々の子孫と同様に。魔法や科学では到達できない領域に隔離されているのだ。それを踏まえ、神々とデーモン達はまるでその事について知らないかのように情報を開示していない。ゴラリオンの旧軌道上に存在するアブサロム・ステーションの存在はさらに疑問を投げかけている。それは方舟として建造されたのだろうか? それは単に消滅した後に残されたゴラリオン製の宇宙基地であったのか? あるいはステーション自体が何らかの形で惑星の消滅に原因を負っているのか? いずれにせよゴラリオンの謎はパクト・ワールドの内外で、この太陽系をゴラリオン星系という名で呼ばしめているのである。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

コアルール

3章:種族?

4章:クラス?

5章:技能?

6章:特技?

10章: 魔法と呪文?

11章:ゲームマスタリング?

13章: パスファインダーの遺産?


  • 用語集
  • 影響を与えたメディア?
  • 索引?
  • キャラクターシート?
  • スターシップシート?

スターファインダー協会シナリオ

メンバーのみ編集できます

メンバー募集!
閉じる