paizo社が発売しているスペースファンタジーロールプレイングゲーム、StarfinderRPGのシステムリファレンスドキュメントを日本語翻訳していくページです。有志の翻訳者募集しています!

スターファインダーへようこそ/WELCOME TO STARFINDER

失われた魔法を探して異星人の遺跡に辿り着く。 宇宙ステーションの不機嫌な路地で、企業のテクノマンサーやロボットの軍と機転を競う。 君のスターシップでドラゴンクルー級攻撃巡洋艦を撃墜し、致命的な異星の捕食者から新しい居住区を守る、それとも、未知の異星人の帝国と初めて接触する。
君のツールはレーザーライフル、パワードアーマー、難解な魔法、またはシンプルに君の説得力だ。スターファインダー・ロールプレイングゲームは、銀河の局面を一度の冒険で塗り替える英雄のゲームだ。

はじめに/GETTING STARTED

スターファインダーでは、君と君の友人は、奇妙な宇宙の神秘を探求するスターシップの乗組員を演じる。 しかし、この枠組みの中で、君がプレイできるキャラクターや君が語ることのできる物語に制限は無い。 君は異星人技術を発掘する際にスターファインダー協会に加わるだろうか、それとも企業の傭兵として名声と運命を追求するだろうか? おそらく、君は新しい惑星の生態系を守るために戦うゼノウォーデン、読心術をあやつる神秘的な探偵、または暗黒の過去を償うために魔法の剣を振るうアンドロイドの暗殺者だ。君の任務が何であれ、君と君のチームは君の魔法、武器、知恵をすべてを必要とする。しかし、何よりも、君たちはお互いを必要とするのだ。

君のアーク・ピストルを拾って冒険に向かって射撃をする前に、君がスターファインダーのゲームを実施したり遊んだりするために知っておくべき重要なことがいくつかある。ロールプレイングゲームについて、すでに経験がある人は、次のページへと飛ばして良い。

ロールプレイングゲームとはなにか?/WHAT’S A ROLEPLAYING GAME?

スターファインダーは、卓上のロールプレイングゲーム(RPG)だ。ゲームマスターである1人のプレイヤーがシーンを設定し、課題を提示するインタラクティブなストーリーであり、他のプレイヤーはそれぞれサイエンスファンタジーのヒーローの役割を担い、これらの課題を克服しようとする。 キャラクターの性格や能力に応じて状況に対応することで、各シーンの結果(「遭遇」と呼ばれる)が次のものにつながるように、プレイヤーはストーリーのプロットを創造するのに役割を演じる。あらかじめ割り当てられた数値情報と組み合わせられたダイスロールは、可能性の要素を追加し、キャラクターが試みるアクションにおいて、キャラクターが成功するか失敗するかを決定する。 君はRPGを劇場と考えることができる。プレイヤーは俳優だが、ゲームマスターはディレクターだ。 しかし、君はゲームをするために熟練した俳優やストーリーテラーである必要はない。 君のキャラクターが何をしたいかを表現し、ゲームマスターとルールで遊ぼう、気楽に行こう。
プレイヤー/The Players
ゲームが始まる前に、プレイヤーは通常、自分のプレイヤーキャラクターの背景や人物を創造する。一度に複数のキャラクターをプレイすることは可能だが、一般的にプレイヤーごとに1人のキャラクターを持つのが最も楽しいため、プレイヤーは実際に自分1人の役割を果たすことになる。キャラクターのコンセプトを考え出すことに加え、プレイヤーはゲームのルールを使用して、キャラクターの能力、強さ、弱点を決定するキャラクターの数値のステータスを構築する。第2章では、キャラクターを作成する方法についての詳細な手順を説明し、他の章の関連するルールに向けて誘導する。この本がとても分厚い理由の1つは、無限の多様なキャラクターをカスタマイズするのに役立つオプションのルールがたくさんあることだ! ゲーム中に、プレイヤーはキャラクターの行動を説明する。何人かのプレイヤーは、ゲームの出来事をキャラクターのように演技して遊ぶ(またはロールプレイング)することを特に楽しむ人もいれば、ストーリーを語るかのようにキャラクターの行動を説明するプレイヤーもいる。最高の気分を味わって欲しい! スターファインダーの多くのゲーム内状況には、解決方法を規定するルールがある。たとえば、戦いが打ち切られたとき、第8章のルールでは、攻撃、防御、移動などの方法が説明されている。スターファインダーをプレイするためにプレイヤーが必要とするすべてのルールは、この本で見つけることができる。
ゲームマスター/The Game Master
残りのプレイヤーはスターファインダー・ゲームのキャラクターを作成する必要があるが、ゲームマスター(またはGM)はストーリーと世界を担当する。 ゲームマスターはプレイヤーではあるが、簡略化の為に、この本や他のスターファインダー製品ではゲームマスターやGMと呼ばれる。一方で他のプレイヤーは単にプレイヤーと呼ばれる。 ゲームマスターは、プレイヤーキャラクター(またはPC)の行動がプレイヤーの計画にどのように影響するかを検討し、彼らが道半ばで直面する課題のルールとステータスを理解することを検討する。

多くのゲームマスターは、ゲームのストーリーと機械的な準備の大部分が完了している既成の冒険シナリオを走らせるのが楽しくて便利だと感じている。 スターファインダー・アドベンチャーパス商品ラインはこの役割をうまく果たす。 他のゲームマスターはオリジナルのゲーム素材を楽しむことができる。多くの場合、両方の方法を組み合わせて使用することになる。いずれにしても、第11章のルールは、ゲームマスターがどのキャラクターやクリーチャーが特定のプレイヤーキャラクターのグループにふさわしいかを把握するのに役立ち、また、無重力環境の脅威からどんな種類の戦利品を得るか、彼らの業績に対する報酬はどんなものなのかを把握するのに役立つ。

ゲーム中、プレイヤーはダイスを振り、プレイヤーキャラクターのステータスを使用してゲーム内のアクションの解決方法を決定する。 レフェリーと同じように、ゲームマスターは、アクションの成功または失敗の最終決定者であり、解釈に同意しない場合や、ルールの相互作用がムードを壊していると感じた場合、ルールをいつでも上書きすることができる。
限りない冒険/Unlimited Adventure
スターファインダーのようなロールプレイングゲームは、ゲームマスターが進行中のストーリーを維持している限り、プレイすることができる。 これは、ストーリーが短く自己完結型である場合、または数年間続く場合、ゲームが数時間持続する可能性があることを意味する。 ゲームマスターとプレイヤーが遊ぶために座るたびに、それはゲームセッションと呼ばれ、ほとんどのセッションは数時間続く。ゲームは、一般的に「冒険シナリオ」と呼ばれる完全なストーリーを構成するいくつかの連続したセッションで構成されている。1回のセッションで再現できる短い冒険シナリオは一般に「ワンショット」と呼ばれ、 連続しているのが明確な冒険シナリオを「キャンペーン」と呼ぶ。

この本の中身は?/WHAT'S IN THIS BOOK?

この本には、君がプレイヤーでも、ゲームマスターでも、スターファインダーをプレイするのに必要なすべての情報を含んでいる。第2章から始まるルールとキャラクターの創造に直接参加したい人もいるかもしれないが、第12章を読んで、スターファインダーの設定について知りたい人もいるだろう。
第2章では、キャラクターを作るプレイヤーのための、関連する章への参照を含む、過程の段階的なウォークスルーを提供する。第3章では、君が選ぶことができるさまざまなコア種族についての情報を提供し、第4章では君のキャラクターの技能と能力を決定するクラスを紹介する。第5章と第7章にはキャラクターの能力と装備をさらにカスタマイズするための情報が含まれているが、第10章には超自然的な要素を持つキャラクターの魔法と呪文が含まれている。キャラクター作成プロセスに着手する前に、これらのセクションの一部または全部を自由に閲覧して欲しい。詳しくは、14ページのキャラクター創造の最初のステップを参照すること。

キャラクター創造に関する情報以外にも、この本にはスターファインダーRPGをプレイするために必要なルールが含まれている。戦術的戦闘、移動、および関連するルールは、スターシップ戦闘と同様に、スターファインダーの重要な部分であり、第8章と第9章に記載されている。スターファインダーのプレイ方法を学ぶときに、となるこれらの章を検討することをお勧めする。またこれはゲームマスターがゲームプレイや裁定がスムーズに流れるように理解するための鍵になる。
ゲームマスターはまた、スターファインダーの一般的な環境、トラップや毒物のような災害、遭遇の構築とゲームの準備と実行などの主要なGMルールを収集する第11章を検討する必要がある。また、第12章で紹介した設定や、パスファインダーRPGに精通し、スターファインダーの冒険にその要素を取り入れることに関心を持つゲームマスターには、それらの遺産をスターファインダーに組み込む方法について説明している第13章を検討してほしい。
この本のほかに、スターファインダーのゲームをプレイして実行するには、いくつかのものが必要です。最も重要なのは、ゲームマスターとプレイヤーの事前に作成したキャラクターを備えることだ (空白のキャラクターシートは本書の末尾にあり、paizo.comでオンラインで見ることもできる)。また、鉛筆と多面体ダイスも必要だ。各ダイスは、「d」とそれに続く面の数を使用して参照される(したがって、4面のダイスはd4だ)。少なくとも1つのd4、d6、d8、d10、d12、およびd20と、1から100までの数値を生成するパーセンテージダイス( "d%")のセットが必要だ(これは10面ダイスでもある)。君はまた、1インチの正方形を持つ戦術的な戦闘マップと1インチのヘクスを持つスターシップ用戦闘マップと、君のキャラクターやスターシップを表すトークンやミニチュアが必要です。
どこから始めるべきかわからない? Starfinder Flip-Mat: Basic TerrainとStarfinder Flip-Mat: Basic Starfieldは君に必要なマップをを提供するゲームアクセサリーである。

いくつかの基本的なコンセプト/SOME BASIC CONCEPTS

この本を最大限に活用するには、いくつかの重要な用語と略語に精通していることが必要だ。 これらは本の中で使われており、多くは一般的な卓上ロールプレイに共通している。 より大規模な用語集は、512ページを参照すること。
1d6, d20, など.
これらの数式は、ダイスロールの略語であり、武器が扱うダメージの量などの可変数を決定するためにどのダイスを振るかを示す。 最初の数字はロールするダイスの数を示し、2番目の数字はダイスまたが持つ必要がある面の数を示す。 最初の数字がない場合は、1つのダイスをロールすること。 たとえば、「2d8をロールする」は、8面のダイスを2つロールする必要があることを意味し、「d20をロールする」は、20面のダイスを1つロールする必要があることを意味する。 場合によっては、d3をロールする必要がある。 3面体ダイスがなければd6を代わりに使うことができる。1または2のロールを1、3または4のロールを2、5または6のロールを3として扱うこと 。
略語/Abbreviations
スターファインダーには、HP(ヒット・ポイント)、SP(スタミナ・ポイント)、RP(リゾルブ・ポイント)など、一般的に略語として表現される多くのゲーム用語がある。 略語の意味を忘れる層になった場合のために、512ページから始まる用語集に説明がある。
アーマークラス(AC)/Armor Class (AC)
これは、敵が戦闘中に君のキャラクターを攻撃するのがどれほど難しいかを表す数字だ。 キャラクターには2種類のアーマークラス、すなわちエネルギーアーマークラス(EAC)とキネティックアーマークラス(KAC)がある。
攻撃ロール/Attack Roll
攻撃ロールは、君のキャラクターが戦闘中に別のクリーチャーを攻撃しようとしたときのd20ロールだ。
判定/Check
判定はキャラクターの能力値や別の値によって変更される場合があるd20ロールだ。 最も一般的なタイプは、技能判定と能力値判定(君が正常に仕事を実行できたかを判断する)とイニシアチブ判定(戦闘時の行動を決定する)だ。
戦闘/Combat
一般的には戦闘と言えば、個々のキャラクター間の戦闘を意味し、正方形グリッドの戦闘マップ上で行われ、第8章で詳しく説明されている。戦闘は代わりに六角マップを使用するスターシップ戦闘を示す事もある。 そのシステムの詳細は第9章を参照すること。
クリーチャー/Creature
クリーチャーは物語や世界に積極的に参加している存在である。 これには、プレイヤーキャラクター(PC)、ノンプレイヤーキャラクター(NPC)、モンスターが含まれる。
難易度(DC)/Difficulty Class (DC)
これは、与えられた仕事を達成するために判定を試みるときにクリーチャーが満たすかそれを超えなければならない目標値だ。
遭遇/Encounter
遭遇とは、キャラクターに挑戦を与える状況のことだ。 これは、情報収集、身体的な戦い、トラップやパズル、またはプレイヤーに機転やキャラクターの能力値情報を使用させる必要があるロールプレイングの挑戦であるだろう。 キャラクターは、通常、遭遇を完了すると経験値を獲得する。
経験値(XP)/Experience Points (XP)
しばしば単に「経験」と呼ばれることがあるが、これは挑戦を克服した結果、得られたキャラクターの増加する専門知識を記録する方法だ。 キャラクターが十分な経験値を得ると、キャラクターのレベルが上昇する、つまり「レベルアップ」する(26ページの「レベリングアップ」を参照)。
ゲームマスター(GM)/Game Master (GM)
ゲームマスターはルールを裁決し、プレイヤーが探索するスターファインダーの物語と世界のさまざまな要素をコントロールするプレイヤーである。 GMの義務は、公平で楽しいゲームを提供することだ。彼女は、他のプレイヤーに彼らのゴールにおける最終的な成功を求めるが、それは多くの英雄的な努力と危険の後にのみもたらされるのである。
ヒット・ポイント(HP)とスタミナ・ポイント(SP)/Hit Points (HP) and Stamina Points (SP)
スタミナ・ポイントは、君が実際に怪我をする前にどれくらいのダメージを受けることができるかを表す。ヒット・ポイントは、君が意識を失ったり死んだりする前にどれほどひどく傷ついていられるかを表す。 スタミナ・ポイントはヒット・ポイントよりも前に失われ、元に戻すのがはるかに簡単である。 詳細は22ページを参照すること。
レベル/Level
レベルは、ゲーム内の相対的な力の指標だ。 いくつかの種類のレベルが存在する。 クラス・レベルは、キャラクターが持つ特定のクラスのレベル数である。 キャラクター・レベルは、クラスでキャラクターが持っているすべてのクラス・レベルの合計である。 レベルはまた、呪文レベル、アイテムレベル、またはゲームルールの枠組みに入る別のスケーリングメカニックを指すこともある。
修正値/Modifier
修正値は、攻撃ロール、セービングスロー、または技能判定などのロールに追加される数値である。これは正の数値でも、でも負の数値でもあり得る。
モンスター/Monster
モンスターはノンプレイヤーキャラクターである。 一般に、モンスターはプレイヤーのキャラクターになるにはあまりにも奇妙でも愚鈍、もしくはその他の理由でPCになることができない。 モンスターは、プレイヤーキャラクターの敵または味方であるか、または他の役割を果たしている可能性がある。
ノンプレイヤーキャラクター(NPC)/Nonplayer Character (NPC)
ノンプレイヤキャラクターは、プレイヤーとのやり取りやストーリーの進行を助ける目的で、GMによって操作される。
プレイヤーキャラクター(PC)/Player Character (PC)
これはプレイヤーによって操作されるキャラクターである。
ロールプレイング/Roleplaying
キャラクターの行動を記述すること、しばしばキャラクターの視点から演技を行うことで、ロールプイングと呼ばれる。 プレイヤーがキャラクターの観点から行動を述べたり記述したりすると、それは「イン・キャラクター」と呼ばれる。
ラウンド/Round
戦術的戦闘において、ラウンドはゲーム世界の6秒に等しい時間の単位である。 行動できるキャラクターは1ラウンドにつき1ターンを得る。 スターシップ戦闘では、ラウンドは3つのフェーズのアクションで構成され、特定の時間を示すことはない。
セーヴィング・スロー/Saving Throw
セービングスローは、君のキャラクターがいくつかの有害な影響を回避または軽減しようとしていることを示すd20ロールである。
ティア/Tier
ティアはスケーリングを示し、"レベル"と意味が似ている。 コンピュータやスターシップ、その他の要素に使用される。

プレイの概要/OVERVIEW OF PLAY

スターファインダーのゲームプレイの基礎知識を身につけることは、ゲームのメカニカルな詳細を吸収するのに役立つ。以下は、スターファインダーのプレイの一般的な側面だ。
ロールプレイング/Roleplaying
君のキャラクターのために話したり、彼女の行動を説明しているが、戦闘に参加していないときはいつでも、君はロールプレイングしている。これは貿易商と交渉して、調査ステーションに潜入する計画を説明したり、別のプレイヤーとの会話を「キャラクター」で行うことなどである。これらの状況では、しばしば技能判定が必要になる(技能の詳細については第5章を参照)、呪文やその他の特殊能力を伴うこともある。時にはロールプレイは戦術的戦闘に進むことがある。ゲームマスターは、君が自分を守る準備ができていない限り、彼らの行動が結果をもたらすことを明確にしながら、プレイヤーがロールプレイ中に創造的かつ機知に富むように応援するべきである。
探索/Exploring
スターファインダーの中核はスペースオペラであり、新しい世界の探索と体験はゲームの重要な部分である。 スターファインダーの探索には、単一の宇宙ステーション、新しい異星人の惑星、遠い太陽系、または広大な宇宙空間が関与するかもしれない。それはロールプレイのあらゆる側面を含むかもしれないが、それは常に、PCが明らかにし、相互作用することができる新しくエキサイティングなシーンを記述するGMを含んでいる。文化、環境、その他の不思議や危険は、PCが新しい場所を探索するときに大きく変化する。第12章にある設定資料は、GMがPCの冒険を説明するのに役立つ。第11章のルールは、一般データや能力に関して、奇妙で危険な場所でのPCの冒険を判断する方法を説明している。
戦術的戦闘/Tactical Combat
PCがクリーチャーやキャラクターと敵対すると、戦術的戦闘に移行する。戦術的戦闘は戦術的なバトルマップの周囲を移動し、魔法や他の特殊能力で攻撃したり使用したり、敵から身を守ったりする。スターファインダーでは、通常、20面のダイスをロールし、結果に修正値を加算し、その合計をアーマークラスなどの敵の一般データと比較して、目標にヒットしたかどうかを判断する。彼らの攻撃がヒットしたとき、キャラクターは武器や一般データに応じてさまざまなダメージを与える。もちろん、敵も同じことをすることができる! スターファインダーの戦術的なルールの詳細は、第8章を参照
すること。
スターシップ戦闘/Starship Combat
スターシップ戦闘では、PCはスターシップバトルマップの周りを操縦し、敵に自分をヒットされることなく、彼らの敵を砲撃するのに最高の位置につけようと試みる。 スターファインダーの宇宙戦闘ルールに関する詳細は、第9章を参照すること。

プレイの例/EXAMPLE OF PLAY

ゲームマスター・オーウェンは、最新の冒険で5人のプレイヤーを相手にしている。ロブは、ペットドローンVV-R9でダマヤ・ラシュンタのメカニックであるコプパリをプレイしている。ジュディは、グレネードを気に入っているシーレンのアンヴォイのコステックを演じている。アマンダは絶えず変化し続けているイソキのテクノマンサー、ペタルを演じており、ジェームズのうずくまるヴェスクのソルジャー、オボザヤと親友だ。パーティーを締めくくるのは、ジェイソンのヒューマンのソラリアン、自己主張の激しいリアリティショーのスター、クリックスだ。

5人のヒーローたちは、アバダー社から新しく発見された世界の古代寺院を探検し、初期の測量が寺院の心の中にあると示唆している神秘的な機械を持ち帰る契約を受け入れた。彼らはまた、彼らがそのアーティファクトを見つけようとする唯一のチームではないという噂を聞いたことがある……

GM:君たちは長い、暗い廊下にいて、その壁は奇妙な触手のデザインで覆われているよ。遠い端にはドアがあるね。
クリックス:僕は、僕の星の武器からの輝きがこのエリアを照らすことができるように、前に進むよ。
ペタル:ええと、クリックス? あなた、私たちの何人かが暗闇の中で見ることができることを理解している? あなたの光は普通に大きな "私を食べに来て"サインだよ。
オボザヤ:俺は最強の戦士だ。最初に行く栄誉は俺のものだ。俺はドアに近づく。
GM:君が近づくにつれて、ドアにスパイクや歯車で作られた何らかの種類のロック機構があることがわかるね。
オボザヤ:ここには名誉はないな。臆病者の鍵だけだ。
コプパリ:待って、オボ。僕の出番だ。僕は鍵開けができる。ピッキングを試みるよ。
GM:いいね。エンジニアリング判定をどうぞ。
コプパリはd20をロールし、12を出した。彼女はエンジニアリング技能修正値(+9)を加算し、21の結果を得る。GMは鍵の難易度をDC20として記載したノートを調べる。これはコプパリの判定の結果、彼女がそれを開けるのに十分高い。

GM:ルーンのパターンを把握し、そのうち3つを順番に押した。君がそうすると、ドアは後ろにスライドして、新しい部屋へと開いたよ。
オボザヤ:今、名誉は俺のものだ! 俺は中に入る。
GMはバトルマップ上にいくつかのアルコーブと別の出入り口がある大きな部屋を描く。

GM:オボ、中に君は、途中まで影のあるバルコニーがある20フィートの高さの部屋が見えるよ。中央には翼の代わりに触手と目の代わりに3つの緑色の宝石がある、巨大な鳥のような像がある。近くの地面には、現代のアーマーを着た人型生物の死体があるね。君たち残りは部屋に入るかい?
プレイヤー達は競技して入ることに決めた。GMはバトルマットにミニチュアを置いて、彼らがどこに立っているのかを示すように尋ねた。

コステック:私は死体を調べてみるわ。私は何か判る?
GM:〈ライフサイエンス〉と〈カルチャー〉の判定をどうぞ。
〈ライフサイエンス〉判定は、遺体がどのような種類の生き物であったかを判断する。〈カルチャー〉判定は、コステックが衣類やその他の文化的識別子を認識できるかどうか確認する。 コステックは各判定ごとにd20をロールし、対応する修正値を加算する。〈ライフサイエンス〉の合計は7で、それほど良いわけではないが、(カルチャー〉は23だった。 GMは彼女が最初のロールに失敗したと判断したが、2番目のロールは成功した。

GM:正直なところ、すべての哺乳類は君にとっては同じように見えてしまう。だが、君はこの人が射殺されたことを知ることができ、そのアーマーのシンボルからスカイファイヤー・レギオンのメンバーであることがわかる。
コステック:私は他の人に伝えるわ。これが私たちの競争相手だと思う?
ペタル:いやぁ、スカイファイヤーは寺院を盗掘したりしないと思う。彼らは私たちのような墓荒らしために残していくよ。私はその彫像を調べるね。
GM:〈知覚〉判定を試してみて。
ペタルはd20をロールし、12を出した後、+3の〈知覚〉修正値を加えて15を得た。ペタルが気づいて避けることのできる魔法の罠があるが、〈知覚〉DCは20であるので、それに引っかかってしまった。この罠は、彫像の目から電撃が飛んで稲妻で2d6の[電撃]ダメージを与えるが、最初にクリーチャーが触れるとオフになるように設計されている。 GMは2d6を振り、合計5点を出したが、その罠は反応セーヴィング・スローに成功することで半分のダメージになる。もしペタルが成功すれば、彼女はとっさに避け、最悪のダメージを回避する事ができる。

GM:像に触れると、その目の宝石が輝き、部屋は幽霊のような叫びで満たされる。反応セーヴをどうぞ。
ペタル:ああ、神様! もう二度としない!
ペタルはd20をロールし、6を出した後、+3の反応セーヴ修正値を加えを合計9を得る。これは罠のセーヴィング・スローDC15を上回るほどではないので、彼女は完全なダメージを受ける。

GM:緑の稲妻が結晶から放たれ、部屋の向こうに居た君を突き飛ばす。君の毛皮が全て逆立つ。君は5点の[電撃]ダメージを受けた。
コプパリ:良い髪型だね、ネズミさん。
ペタル:失礼な! また、私の守りで、宝石は輝いていたよ!
GM:反対側の廊下から走ってくる足音が聞こえる。突然、武装したアーマード・エンヴァイロメント・スーツを着た6人のゴブリンが部屋に飛び込んできた!
ペタル:ゴブリン? 誰かがゴブリンを送り込んでアーティファクトを探させているの?
コプパリ:いや、アバダー社はネズミを送ったんだ。
GM:戦闘の時間だ! イニシアチブ判定をロールしてくれ。
戦闘の順番を決めるために、各プレイヤーはd20をロールし、イニシアチブ修正値を加算し、GMはゴブリンに対して同じ処理をグループとして行う。彼らは戦闘中であるため、イニシアチブ判定の結果は、様々な参加者が戦いが終わるまで行動を取る順番を決定する。 GMは、最高のイニシアチブカウントを持っていている誰かから最初の戦闘ラウンドを開始する。オボザヤは18、クリックスは12、ゴブリンは10、コスチェックは8、コプパリは7、ペタルは3を得た。

GM:オボ、先にどうぞ。
オボザヤ:俺は自分のオートターゲットライフルの安全装置を外し、最も近いゴブリンに射撃する!
オボザヤはd20をロールし、13を得た。彼女はその武器を使って攻撃に+5のボーナスを加え、合計18である。攻撃ロールの結果はゴブリンのキネティック・アーマークラス、この場合は11以上であるので、彼女の攻撃はヒットした。そのため、武器は標的を撃ち抜き、[刺突]ダメージを与えた! GMはオボにダメージを与えるように指示し、1d6を振って2(武器のダメージ)を得て、彼女の《武器開眼》から3を加えて合計5ダメージを与えた。

GM:君の弾丸はゴブリンの肩を突き抜けるが、そいつは何とかまだ立っている。
オボザヤ:アハハ! 最初の流血は俺のもんだ! クリックス、お前も続け!
クリックス:コプパリ、ドローンを前進させてくれ。私の恒星の刃でこれらの邪悪なゴブリンのうちの1つを断頭して、ドローンのカメラが僕の良い写真を撮影できるようにね! ファンはきっとよろこぶよ。
クリックスはバトルマット上で彼と最も近いゴブリンとの間の5フィートのマスをカウントする。最短の経路は、2つのマスを直進し、次に2つの正方形を斜めに通る。一つのマスを移動するには5フィートの移動力が必要だが、斜めの移動は2マスごとに15フィートとなり、トータルの移動量は25フィート、彼の最大移動力である30フィートよりも小さくなる。つまり、彼はこのゴブリンまで完全に移動できることになる。彼はd20をロールして5を得て、それが手持ち(または近接攻撃)の武器であるため、+3の基本攻撃ボーナスと+3の【筋力】修正を合計して合計11、そのゴブリンのKAC 11を打つのに十分である! 彼は1d6の武器ダメージを与え、《武器開眼》から得たボーナスと再び得た【筋力】修正値とを加え、ダメージは11に跳ね上がる。

GM:それはゼリーのようにゴブリンのアーマーを切り裂く! そいつは驚いたように見えて、そして、地面に倒れ込む。
クリックス:僕はカメラに向かって振り向いて、僕の輝く黄金の刃とポーズをとり、私のタグラインにささやく:「黄金並にイイ!」
GM:あまりに派手にしないで。なぜって、次はゴブリンのターンだから。君が脅威として自分自身で証明したので、一番大きいやつが君に向かってに来ている! どういうわけか、それは大きすぎるレーザーライフルを手に持ち、狙いを定めている。
その武器はレーザーであるためGMはクリックスのエナジーアーマークラスに対して最初のゴブリンに攻撃を仕掛けさせる。出目は20。クリティカルヒットとなる! GMは通常のダメージダイスである1d8の代わりに2倍の、2d8をロールし13。さらに1d6(結果は2だった)の[炎]ダメージを与える。クリックスは13ダメージを負い、火が消されるまで2点の[炎]ダメージを火が消されるまでの毎ラウンド受けることになった。

GM:クリックス、そのレーザーはまさに君の顎の急所に当たる。君は15ダメージを受け、君のアーマーの装飾が溶けて火がつく。君がそれを消すまで、君は引き続き2ダメージを受けるだろう。君はまだ立っているかい?
クリックスは彼のキャラクターシートをチェックする。彼は11のスタミナポイントと9のヒットポイントを持っている。彼はまずスタミナポイントからダメージを引いて11をすべて使い切り、残りの4点のダメージをヒットポイントから差し引き、スタミナポイント0、ヒットポイント5となった。

クリックス:うわ! ほんのちょっと残った。私は叫ぶ。 "私の顔! 私の美しい顔がぁ! "
コステック:そこでポーズだよ、クリックス、君のファンが君を必要としているよ!
クリックス:コステック、もし私がポーズを取れないなら……私の髪型が乱れていないかどうか確かめてくれ……

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

コアルール

3章:種族?

4章:クラス?

5章:技能?

6章:特技?

10章: 魔法と呪文?

11章:ゲームマスタリング?

13章: パスファインダーの遺産?


  • 用語集
  • 影響を与えたメディア?
  • 索引?
  • キャラクターシート?
  • スターシップシート?

スターファインダー協会シナリオ

メンバーのみ編集できます

メンバー募集!
閉じる