paizo社が発売しているスペースファンタジーロールプレイングゲーム、StarfinderRPGのシステムリファレンスドキュメントを日本語翻訳していくページです。有志の翻訳者募集しています!

アキトン


〜戦場〜
直径:×1/2
質量:×1/12
重力:×1/3
大気:希薄
自転周期:24時間40分、公転周期:2年

アブサロム・ステーションに近接しており、太陽から(失われたゴラリオンを含めて)4番目という好条件な位置にあるにも関わらず、アキトンは死にかけた世界である。この星系が形作られて以来、いわゆる赤い惑星と呼ばれるこの星は、液体鉄の核の減速と、それに伴う磁気圏の弱体化のために、いったんは保持していた大気と液体としての水の多くを失ってしまった。地質学の規模で発生しているこの緩やかな衰退にもかかわらず、アキトンは依然としてヒューマノイドの生活に親和性を保ち続けている。しかし、このゆるやかに広がる砂漠の岩石の裂け目が、この惑星に住む種族が知っているもののほとんどであり、この死にかけた惑星の経済を暗喩している。

ハイパースペースの発見以前、アキトンは、太陽光システムの鉱山、生産、および貿易の中心だった。しかし、ドリフト航行の到来と長時間の実空間航行の必要性の減少から、thasteronの需要は減少し、現在、その経済的な影響は政治的な不調和と惑星上の内戦に反映されている。パクト・ワールドのすべての間で鉱石を往復させた巨大な宇宙船は、砂漠の真ん中で錆びた岩場のようになり、不法占拠者やゴミ漁り、ヒューマノイドなどのために略奪しつくされた。
祖先が資産家で、上流社会にデビューした居住者たちは、今やゴミを食べるケフェクを狩ったり、放棄された都市の外郭で、羽のあるノーカサの飛行を躱すか、残された鉱山や工業用トレンチスクワットで労働者として働くか、この惑星のより因習的な遊牧民と平原で領土のために戦っている。

今日のアキトンには中央政府はなく、寒い砂漠、乾燥した海底、極寒の氷の頂では、様々な都市、士族、企業、部族、世界の派閥間での激しい戦いや代理戦争が行われている。この惑星は、不正なビジネスの利益が、規制されていないか道徳的に疑わしい研究や搾取に関与し、犯罪者、逃亡者、そして地位を失った人々が法を逃れ、敵から隠れたり、再起をめざす場所だ。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

コアルール

3章:種族?

4章:クラス?

5章:技能?

6章:特技?

10章: 魔法と呪文?

11章:ゲームマスタリング?

13章: パスファインダーの遺産?


  • 用語集
  • 影響を与えたメディア?
  • 索引?
  • キャラクターシート?
  • スターシップシート?

スターファインダー協会シナリオ

メンバーのみ編集できます

メンバー募集!
閉じる