paizo社が発売しているスペースファンタジーロールプレイングゲーム、StarfinderRPGのシステムリファレンスドキュメントを日本語翻訳していくページです。有志の翻訳者募集しています!

 銀河は危険なものであり、賢い探検人は、成功と失敗の違い、あるいは生と死の違いがあなたが準備をする段階で決まるということを知っている。 この章では、武器や装甲から新しい世界の偵察のための冒険の道具まで、あらゆる種類の装備品を紹介する。 しかし、この章のすべてが純粋に技術的な不思議ではなく、ここに含まれるアイテムの多くは呪文の使い手の職人の製品であるか、魔法と高度な科学の融合によって作り出されたものである。

通貨/Currency

 多くの世界は、協定ができる以前からコインや他の形態の物理的な金銭を保持しており、時には地方交易のために使用することがある。 ただし、パクト・ワールド(およびStarfinder RPGルール)の通貨の標準単位はクレジットだ。 パクト・ワールド政府とAbadar教会の支援と規制のおかげで、惑星間取引はすべて標準化された単位で行われる。 世界経済を統一通貨に変えることは、パクト・ワールドに加わるための要件であり、パクトの公式管轄外の世界でさえも普遍的に運営され、理解されている。

 クレジットは、デジタルと物理通貨の組み合わせだ。 スターファインダーのほとんどの個人および法人は、強力な呪文と暗号化資金で購入できる大手銀行家のアカウントに、資金をデジタルで保存する。 しかし、これらのセキュリティには高額の資金が必要であり、そのうえ口座間の公的取引は政府や銀行関係者には透明でなければならず、真のプライバシーは不可能になっている。

クレッド・スティック/Credsticks

 幸いにも、クレッド・スティックの広範な使用は、通貨の消費と保管に関連する問題を回避する。 安価で使い捨てのもの精巧な芸術作品までと多岐にわたり、人間の指の大きさとほぼ同じ大きさで、クレジットを持ち運んだり使用したるするのに使われている。 個人がクレッド・スティックに資金を積みたい場合、彼らはATMを訪れ、一定金額の通貨をユニットに置くのに必要なセキュリティ手順を踏む。 これらの手順の詳細はGMまでであるが(GMまでに秘されているが?)、網膜スキャン、指紋認証、遺伝子読み取り、または何らかの形の魔法の識別が含まれる。

 ひとたびクレッド・スティックに入金された資金は完全な匿名性を有し、その所有者は他のクレッド・スティックに対してワイヤレスで任意の金額の支払いに使うことができる。個人が特定されることなく購入ができることに加え、個人情報の流出をごく稀で難しいものにする。君のクレッド・スティックを狙うスリは残っている残高に対してのみアクセス可能で、君の持つ資産の全てではない。このようにクレッド・スティックは使用者に安心をもたらす仕組みとなっている。

 パクト・ワールドの個人は、特に信用度の高い組織に雇用されている場合は、直接口座振替でお金を受け取ることがあるが、ほとんどの日常購入はクレッド・スティックで行われ、ほとんどすべてのブラックマーケットや機密取引で使用される。 クレッド・スティックは理論的にいかなる金額も保有することができるが、ほとんどの人は運命を唆されることがないように、数十、数百のクレジットしか持たない小さなスティックを運ぶことを選択する。 そのため、犯罪取引には、疑いを少なくするために、少量のクレジットが入ったクレッド・スティックでいっぱいの袋が含まれていることがよくあります。 彼らの富を誇示しようとする人だけが、無制限の信用枠への安全なリンクが組み込まれているため、パクト・ワールド全体で知られている悪名高いアバダー・ブラック・スティックのような高級クレジットを使用する。

 ほとんどの技術的に先進的な都市部では、誰もクレジットの端数を一々考える(端数をtrackする)のに煩わされることはない。 大量生産では、1クレジットパッケージにまとめられた衣服全体を一度に売ることが、クレジットよりも価値が低い個々のアイテムを販売するよりも安価に販売することを可能にする。 ただし、一部のクレッド・スティックは、小額のクレジット購入を可能にするように設計されている。

 GMとして、文明地域のほとんどの人は、1〜2週間の入用のクレジットを費やすために十分なクレッド・スティックしか持っていないと仮定し、すべての資金を物理的に保管している人でさえ、そのいくらかはどこか安全な場所に隠していると仮定するべきだ。 クレッド・スティックではキャラクターが無制限の金額を身につけることは物理的に可能だが、敵のポケットの中から奪い取ったクレッド・スティックだけではPCがリタイアする、つまり十分なクレジットを手に入れることはない!

装備品の売却/Selling Equipment

一般的に、同じ装備品を購入できる場所であれば、どのような種類の装備品も売ることができる。 PCが売ることになる装備品はすべて、大手商人や生産者の保証や評判がなくなり(壊れたり、呪われたり、傷ついたり、盗難されたりする可能性がある)、一般にPCは購入価格のわずか10%で装備品を売ることになる。 GMは、クレジットに余裕のあるコミュニティ、市場条件、または冒険が指す要因に基づいてこれを変更することができる。 より普遍的であり、より簡単に欠陥が確認され、追跡がしにくい/less traceable(したがって、疑わしい起源である場合には問題を引き起こす可能性が低い)ため、貿易財(234ページ参照)は例外である。 貿易財は、一般に購入価格の100%で売られ、ある場合には、GM自身の裁量により、その金額として使用することができる。

荷重(携行限界)/Carrying Capacity

君のキャラクターの装備品があなたをどれだけ減速させるかは、これらの運搬能力のルールによって決まりる。 運搬能力は、その重量とそれを携行することによるわずらわしさの両方を説明する大部分の品目に基づいている。

アイテムのかさ-バルク-/Item Bulk

 この章の各項目は、そのバルクの表現を数字で表し、少ししバルクがない場合は文字「L」、ほぼ全くバルクがない場合はダッシュ (“—”) を示す。 たとえば、ジャイロジェットライフルには2バルク、戦術用ナイフは軽バルクがある、糧の指輪/ring of sustenance にはバルクがほとんどない、つまるところルール上ではほぼ無視してよい。
軽バルクのアイテムが10個で1バルクとし、小数はカウントされないため、つまり軽バルクアイテム10個のバルクは合計1バルクであり、19個の軽バルクアイテムは合計1バルクである。 GMが君が不合理な数を運んでいると判断した場合に限り、バルクがほとんどないとみなされるアイテムのバルクがカウントされる。

 君が運んでいる総量を決定するために、君が着ているアイテムと運んでいるすべてのアイテムの数値のバルク値をまとめてくれ。

バルク限界/Bulk Limits

 君はStrengthの半分までのバルクを難なく運ぶことができる。 それよりも多くを運ぶ場合は、君が運ぶバルクの量が君のStrengthスコアの半分以下になるまで、以下に説明するように、君は負荷状態になる。君は自発的に君のStrengthスコアよりも大きい量のバルクを着用したり保持したりすることはできない。君が強制的にそうした場合(例えば、重力の変化のために)、君が運ぶバルクが君のStrengthのスコア以下になるまで、以下に説明するように、あなたは過負担/overburdenedの状態になる。

君が鎧を着用している場合は、速度調整とスキルチェックに悪いペナルティ(鎧やバルクから)を使います。 ペナルティは積み重ねません。

Encumbered/負荷

負荷がかけられているとき、 君は移動速度を10フィート減少させる。 ACに対する最大敏捷力ボーナスを+2に減らし、強さと敏捷性に基づくチェックに-5ペナルティを払う。

Overburdened/過負荷

Overburdened/過負荷状態になっている場合は、移動速度をそれぞれ5フィートに下げ、ACに対する最大敏捷力ボーナスを+0に減らし、強さと敏捷性に基づくチェックに-5ペナルティを払う。

推定バルク

原則として、5〜10ポンドの重さのアイテムは1バルクだ(10の倍数はすべて追加バルクです)。数オンスの重さのアイテムは無視できる。その間の重さであるものはあるものは軽バルクだ。 扱いにくいアイテムや扱いにくいアイテムは、より大きなバルクを持つかもしれない。

Item Level

スターファインダーでは、すべての装甲、装備品、武器(魔法、技術、またはハイブリッド)にアイテムレベルが割り当てられる。 キャラクターはあらゆるレベルのアイテムを利用することができるが、ゲームマスターは、現在のレベルをはるかに上回るアイテムにキャラクターがアクセスできるようにすると、ゲームの不均衡を招く可能性があることに注意するべきだ。

オブジェクトのアイテムレベルは、それが作られるときに使用された技術や魔法の希少価値を表してる。高度なアイテムは、一般に、より高度な技術や神秘的な力を取り入れている。 オブジェクトのアイテムレベルでは、硬度とヒットポイントも決定される(409ページの「Breaking Objects」を参照)。通常、キャラクタがアイテムを扱うことができる、または制作することができると予想されるレベルの指標である(Crafting Equipment マジックアイテム」を参照せよ。

アイテムレベルはまた、購入した機器が単に注文するよりも複雑であるという事実を伝えるのに役立つ。君が望むアイテムを見つけることはいつも簡単なわけでなく、強力な武器や装甲などの装備品を扱う人は、信頼できる人だけと取引を行う傾向がある。 合法的な業者は、商品を海賊や犯罪者に販売することに対する評判を得たくないし、犯罪ネットワークですら、取引を行う相手には注意を払わなければならない。

キャラクターが何かを買おうとするときには、武器販売店、連絡先、ギルド、ライセンス等々を細心の注意を払って探さなければいけないというわけではなく、ゲームでは、典型的なsettlementにおいて、キャラクターレベル+ 1以下のアイテムレベル、そして大都会ではキャラクターレベルまでのアイテム+2までのものを購入すうことができる。GMは、いくつかのアイテム(適切なレベルのアイテムを含む)が購入ということにするか、またはより高いレベルのアイテムを購入可能にすることができる(ぼったくり、または格安で)。

魔法と技術/Magic and Technology

多くの能力と効果は、技術や魔法を利用した装備品を対象としている。すべての武器と装甲は、アナログの特殊能力を持たない限り、technologizalであると想定される(180ページ参照)。 他の装備品は、魔法、技術、または両方のハイブリッド(いずれかの種類のアイテムを対象とする効果を受けるようにする)としてリストされている。 武器のアップグレード(204ページ参照)と武器の融合(191ページ参照)は、それらが魔法であるか、technologicalであるか、ハイブリッドであるかを記録/noteする。 マジックフュージョンやアップグレードがtechnologicalアイテムに追加された場合、そのアイテムはハイブリッドアイテムとなる。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

コアルール

3章:種族?

4章:クラス?

5章:技能?

6章:特技?

10章: 魔法と呪文?

11章:ゲームマスタリング?

13章: パスファインダーの遺産?


  • 用語集
  • 影響を与えたメディア?
  • 索引?
  • キャラクターシート?
  • スターシップシート?

スターファインダー協会シナリオ

メンバーのみ編集できます

メンバー募集!
閉じる