paizo社が発売しているスペースファンタジーロールプレイングゲーム、StarfinderRPGのシステムリファレンスドキュメントを日本語翻訳していくページです。有志の翻訳者募集しています!

小型で虚弱、イソキはしばしばより大型な種族から、しばしば見過ごされる。しかし、機知と技術力を駆使して、彼らは太陽系全体に広がり、すべての宇宙船に少数の鼠が必要であるという古い格言を真実のものとした。

能力値修正:+2【敏捷力】、+2【知力】、-2【筋力】
ヒットポイント:2

サイズと種別/SIZE AND TYPE

イソキはイソキの副種別を持つ小型の人形生物である。

暗視/DARKVISION

イソキは暗闇を60フィートまで見通せる。より多くの情報は263ページ参照。

活発/MOXIE

Ysokiは賭けが不利な状況でさえ、移り気で素早い。 イソキは、迅速な行動を取る傾向がある。さらに、浮遊状態(276ページ参照)の場合、イソキは通常のペナルティを攻撃に適用したり、立ちすくみ状態になることはない。自分より少なくとも1つの大きさのカテゴリーの対戦相手のスペースを横切るために(軽業)判定を試みるとき、イソキはその判定に+5の種族ボーナスを得る。

食客/SCROUNGER

イソキは〈エンジニアリング〉、〈隠密〉、そして〈生存〉判定に+2の種族ボーナスを得る。

頬袋/CHEEK POUCHES

イソキは、頬袋に1バルクまでの最大で1立方フィートのアイテムを保管することができ、即応アクションとして手と頬の間で一つのオブジェクトを移動させることができる。 イソキは機会の攻撃を誘発しない移動アクションとして、彼のマスの地面に彼の頬袋の内容全体を撒き散らすことができる。

イソキをプレイする

君は好む……
  • 速く頻繁に話すこと。言語は絶えず進化する芸術形態であるとみなされるので、君は常に新しいスラングと異星人の言葉を取り上げる。
  • 一見、無限のエネルギーと熱意を持って、ほとんど興奮のチャンスを渡すことはまず無い。
  • あらゆる形式の技術を崇拝すること、デバイスがどのように動作するかを観察するのが大好きだ。
  • 君がどこにいるかにかかわらず、腕っこきであり、ストリートスマートであり、友人と敵の両方を素早く作るのだ。
他の種族は多分……
  • 君を躁病で、騒々しい、衝動的とみなしている。
  • テクノロジーについては、君の技能を評価するが、君は再組み立てを望まれている。物事は君がそれを放り投げてしまうほど頻繁に起きるのだから。(things as often as you took them apart.)
  • 君の友人を守る熱意を高く評価している。君の体格と子供のような熱意のにおいて、過小評価している。

身体的特徴/PHYSICAL DESCRIPTION

身長3〜4フィートのイソキは、毛皮、長い切歯、つねにすぼんだ鼻、無重力でバランスと操縦を保つのに役立つ部分的に握りやすい尾を持つ、直立で歩く人形生物の鼠に似ている。繊細なエレクトロニクスに取り組むのに、小さい掌は完璧である。彼らの鋭い鼻は、しばしば臭いによって複雑な化学物質を識別することができる。同じような体型で、似たようなファッションを好むので、男性と女性の区別を他の種族がするのは難しい。

故郷/HOME WORLD

「イソキ」という言葉はアキトン(Akiton)から生まれまたが、この種族は長く繁栄しその文化は尊敬されていた。そして、宇宙飛行が一般的になる前の何千年もの間、いくつかの世界に存在していた。これらの異なる集団は収束進化の例であり、共通の祖先を持つものであろうと、誰でも推測できるが、今日ではこれらの文化の大部分が現在、最も重要なイソキ種族の一部として特定されている。これは、イソキの遺伝の幅広いバリエーションに起因するものであり、人種(しばしば家族関係でさえも)は視力や遺伝学によって決定することをほとんど不可能するが、イソキが他の鼠人種よりも多くの事柄を成し遂げたという事実がより大型な種族達が敬意を払うことを求め、維持しているのである。

社会と属性/SOCIETY AND ALIGNMENT

イソキの社会は混沌と自由奔放に動きまわるものであり、典型的なごみごみした社会であり、半完成のプロジェクトについて話す複数のイソキ達でいっぱいだ。社会の中での役割にかかわらず、ほぼすべてのイソキは、エンジニアが機械を分解する事への愛や、アーマーの構造に対する兵士の感謝のような形に関わらず、テクノロジーとガジェットに対する深い愛を持っている。彼らは伝統的に役割や社会的な意味での少数派であり、他の種族は不愉快がり、迷惑行為をしたり、宇宙船の中を這いずり回ったりしているが、これは誇りの欠如ではなく、豊かさなのだ。 基準以下の条件で生きていることは彼らを辱める要素ではない。より大型の種族の過小評価や鼻つまみもの扱いする傾向があるが、彼らは友人や家族の両方に対して激しく忠実であり、深刻な不公平や見過ごせない邪悪が示されると、しばしば自分自身を問題に対して歯を突っ込ませる必要性を感じずにはいられない。結果として、最も一般的なイソキの属性は、忠誠心や知覚された抑圧(または単純な無礼さえ)をはねのける必要性から、邪悪な属性に引き寄せられることがあるが、混沌にして善である。

関係/RELATIONS

友好的で才能のあるイソキは、大部分の文明社会に、時にはすべてのイソキ地区と異星人の文化が並んで生活している場合にさえ簡単に入り込む。大規模なイソキの家族と旅行の傾向はまた、パクトワールドのイソキがちょうどどんな代表的な解決でもいとこや他のイソキに接触を持つことにショックを与えている可能性があることを意味する(?)。イソキは主要な種族のうち、彼らが何千年も取引してきたラシャンタと最も仲が良いが、イソキの好みに対してあまりにも穏やかである。シーレンの人類の集団や地域社会への献身を高く評価している。彼らは偏見に直面しているアンドロイドの挑戦を知っている。カサタはあまりにも嘘が多く、ヴェスクは我が物顔で支配権を主張しすぎている。 ysokiは他の種族とは関係なく、素早い判断力に誇りに思っている。他の多くの種族達は、混雑したバーで会話をしただけで、イソキが戦うのに驚くのだ。すぐに興奮して、すぐに謝る。(自分自身と他者の両方の)不幸を笑うのを好み、時には疲れているかもしれないが、彼らは退屈しないのだ。

冒険者/ADVENTURERS

イソキは友人や家族との強い結びつきを形成しているが、これらのつながりは、まるで自宅にいるように世界を離れる可能性がある。多くの好奇心を抱いた若いイソキ達は、宇宙を見たり運命を見つけたりするために、すぐに第二の家族としてスターシップの乗組員として契約する。彼らの自然な適性はメカニックやテクノマンサーになることが最も多いが、オペレイティヴやソルジャーが誇りとする複雑な武器を楽しむこともでき、多くの者が、すばやくウィットに富んだアンヴォイに感謝している。

名前/NAMES

イソキの名前は短くなる傾向があり、長い名前を付けた人物でも非公式の使用を避けるために必然的に短縮される。ニックネームは実際の名前と同じくらい重要な点が多く、「スナック」、「スパーク」、「ツイッチ」、「スウィッチ」 、「ブーンブーン」、「ダートバス」などの性格や生理機能を示すイソキとイソキ以外の友人のあだ名を与える傾向がある。一部のイソキは姓名を使用しているが、多くの場合、船や自宅の地名を使用している。いくつかのイソキの名前には、ベナ、コポニサ、コルス、ゴバ、ケッチ、キブ、ロロ、ニクニック、クイッグ、レスク、シム、トゥイックなどがある。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

コアルール

3章:種族?

4章:クラス?

5章:技能?

6章:特技?

10章: 魔法と呪文?

11章:ゲームマスタリング?

13章: パスファインダーの遺産?


  • 用語集
  • 影響を与えたメディア?
  • 索引?
  • キャラクターシート?
  • スターシップシート?

スターファインダー協会シナリオ

メンバーのみ編集できます

メンバー募集!
閉じる